忍者ブログ
テレビを見て思った事。更新は不定期、かもしれない。 個人的なことですが、三十路になりました。 2010年7月11日は参議院議員選挙です。投票へ行きましょう!
  ★ お知らせ
現在FC2ブログさんからブラックリスト呼ばわりされてますorz なんでだ……orz
  ★ フリーエリア
  ★ カウンター


  ★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ お天気情報
  ★ FX NEWS

-外国為替-
  ★ 最新コメント
[07/16 鳴海みぐJr.]
[05/14 カナピ~]
[05/14 カナピ~]
[12/08 かな]
[10/13 まりねこ]
  ★ 最新トラックバック
(01/03)
(01/01)
(12/30)
(12/29)
(12/29)
  ★ プロフィール
HN:
m_t_g
HP:
性別:
男性
自己紹介:
現在視聴中のドラマ
セレブと貧乏太郎、風のガーデン、陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~

現在視聴継続中のアニメ
ケロロ軍曹、ファイテンション☆テレビ、銀魂、ヒャッコ、黒執事、とらドラ!、ケメコデラックス
  ★ ブログ内検索
  ★ フリーエリア
  ★ バーコード
  ★ RSS
  ★ アクセス解析
★2017/07/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2009/05/16 (Sat)
細かい事は後日書きますが。
まさかの戸次さん復活!?
確かに流れは前作と一緒だったけど……。
まさかの同じ世界。
あの後の彼か……うわあ。


しかし、どうにも真矢姉さんがセンターシートに座りそうで怖いなあ……。

拍手[1回]

PR
★2009/03/31 (Tue)
「ボランティア降臨」
なんだろう、最初に見始めてからずっと気持ち悪くて……。
不安定になりっぱなしだったんです。
ここまで何かわからない不安定な気持ち悪さってなかなか……。
そういう意味では「奇妙」な世界としては正解なんですが……。
とにかく、得体の知れない何か気持ち悪さがずっと感じながら見ていました。

拍手[0回]

★2008/11/15 (Sat)
佐々木蔵之助さん主演のドラマ。
演技力のある方が主演だと見やすいですよねえ。


……にしたってタイトルそのまま通りのドラマ過ぎるでしょう(笑)
佐々木さんの顔がギラギラ、五十嵐隼士さんもギラギラ、阿部力さんもギラギラ、田中要次さんもギラギラ、石橋凌さんもギラギラ……。
こういう言い方したらあれだけど、けっこうこってりで胃もたれしそう(笑)
みのもんたの朝ズバッ!と同じような印象を受けたのは何故なんでしょうねえ。

あとは真矢さんの遠い眼、だよねえ。

拍手[0回]

★2008/11/14 (Fri)
ザ・コメディエンヌ水川あさみ、真骨頂!
てな感じのドラマです。
当初はクールな役が多かったですが、だんだん壊れてきて(笑)
「33分探偵」でふっきれ、そして「ゾウ」
水川あさみを堪能できるドラマだと思います。

しかし古田新太さん。
なんでそんなに象メイクが似合うのっ……(笑)

拍手[0回]

★2008/11/14 (Fri)
うーん、きらきら研修医?(違)
いや、頑張る女医さんではどうしても織田うさこの印象が抜けなくて……。
シリアスなきらきら研修医だよなあ、どうしても。

拍手[1回]

★2008/11/09 (Sun)
磐音様が帰ってきました。
キャストも若干の変更があったので、竹蔵親分の出番が少ないのがちょっと気になりますが。
前回のシリーズに出てきた人があっさりと死んでいたりと、死生観にシビアなんですよね。
それにしても磐音様の剣技、相変わらず美しい。
今回はおこんさんとの仲も進展するようでして……。
父親も婚儀を認めるとは……おお、おおお。
まあ奈緒さんの事が気にかかりはしますが……うん。

あ、コバさんの再登場も嬉しかったです。

拍手[0回]

★2008/11/08 (Sat)
クドカンがミステリー?というのが最初の印象。
これが見てみると意外とマッチしていました。
重くなりがちな展開をあっさり風味にしていましてけっこう見やすかった。
見ている側の理解処理能力ギリギリのラインで止めてるから見やすいんですかね?
下手をすれば「ふざけている!」と批判されがちなんだけど微妙なさじ加減で乗り切ってるな、という印象なんですよね。
とはいえ危ういバランスではあるんですがね……。

それにしてもやっぱり作戦を説明する件のイメージVTR、あまりにもクドカンワールド(つか磯山P、演出金子さんワールド)らしい演出だったなあ。
けっこう「見やすさ」を確立しているドラマって少ないんですけど、このドラマは見やすいドラマだと思います。

しかしようやく磯山P、視聴率が好調なドラマができたのか……感慨深い。

拍手[0回]

★2008/11/02 (Sun)
上地さん掛けもちのドラマ。
あ、主演はHey! Say! JUMPの四人です。

拍手[0回]

★2008/11/01 (Sat)
上戸彩主演、共演上地雄輔の火曜21時ドラマです。

実のことを言うと、仮タイトルだった「セレブと大貧民」の方がタイトルとしては好きだったりしてるのですが。
やっぱり「大貧民」というワードはマズかったんですかね?

拍手[0回]

★2008/10/31 (Fri)
さて、夏クールで唯一毎週楽しみにしていたドラマ。
今のドラマに対するアンチテーゼ感があるはずなんだけどそれは感じさせない、娯楽として良質の基準を守った作品だったと思います。

で。
なんでも堂本さんが金田一少年をやっていた~というのは最高のフリで、最終回までに必ず落とす、とスタッフの方が言われていたらしくて。
楽しみにしてはいたんですがね。
うーん、セリフだけだったか(じっちゃんの~)
いや~こちらとしてはてっきり最終回メインゲストにともさかりえが来てくれるもんだとてっきり。
とりあえず第二シリーズがある時は是非ともともさかりえゲストをお願いしたいものです。

拍手[0回]

★2008/10/16 (Thu)
安田顕、要潤、斎藤工の三人が織りなすシチュエーションドラマ。
この三人が並んでドラマを作っている、てだけでツボですねえ。
また三人ともどことなく変態チックな匂いがするのはなぜでしょうねえ?
真面目だけど変態くさい、これがメイン三人の共通項かもしれないですね。

拍手[0回]

★2008/10/13 (Mon)
なんというか……その。
どうしても緒形拳さんを見てしまいますよねえ。
しかもですよ。

拍手[0回]

★2008/10/13 (Mon)
映画公開中のガリレオφ、公開日にSPドラマが放送されました。
かといって総集編ではない、完全新作です!

拍手[0回]

★2008/10/13 (Mon)
まさか古畑任三郎にあんな過去があったとはねえ。
向島くんメインじゃないですか(笑)
中学生のころに出会っていたとは……。

拍手[0回]

★2008/10/13 (Mon)
全話見たのが「33分探偵」
時々見たのが「瞳」「シバトラ」「太陽と海の教室」「ヤスコとケンジ」「学校じゃ教えられない!」「ゴンゾウ」
さて各賞を。

拍手[0回]

★2008/10/13 (Mon)
このクールで見たのは……
全話見た:「CHANGE」「無理な恋愛」「キミ犯人じゃないよね?」
飛び飛びで見た「ごくせん」「パズル」「絶対彼氏」「おせん」
でした。
では各賞発表

拍手[0回]

★2008/10/12 (Sun)
このクールでは……
全話見たのは「あしたの、喜多善男 世界一不運な男の、奇跡の11日間」「ロス:タイム:ライフ」「未来講師めぐる」
飛び飛びで見たのは「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「薔薇のない花屋」「ハチミツとクローバー」「貧乏男子 ボンビーメン」「交渉人 THE NEGOTIATOR」「鹿男あをによし」「4姉妹探偵団」
でした。
まずは各賞から。

拍手[0回]

★2008/01/07 (Mon)
しかし……。
やっぱり昨年度の大河で凄過ぎるのを見てしまった後では……ねえ。
勘助が無意味な自信家になっていたり、信玄がどうしようもないへタレになっていたりと、「風林火山」に対抗心を出して作ったのはわかるんだけど……。
どうも戦闘シーンがなあ。
あまり迫力がなくて。
やはり謙信が偉大であるからこそ信玄も偉大に描いて欲しかったなあ、と。

拍手[0回]

★2007/12/31 (Mon)
こちらも結果だけ。
コメントはまた後ほど。

拍手[0回]

★2007/12/31 (Mon)
とりあえず、結果だけ。
コメントはまた後ほど……。

拍手[0回]

★2007/12/23 (Sun)
今年の大河ドラマも終わってしまいました。
山本勘助、最期の勇姿です!

拍手[0回]

★2007/12/22 (Sat)
今回でこの物語も最後。
2007年秋クール最後の、最終回です。

拍手[0回]

★2007/12/21 (Fri)
うーん。
このドラマの一番のネックなポイント。
「W主役にしてしまったために主役不在となってしまった」ではなかろうかと。
どちらもちょいちょい動いているだけで、「主役」として核の動きができていなかったと思うんですよね。
例えば回毎に「今回はピン子主役」「次の回は仲間主役」といったように視点がハッキリしていればまだ良かったと思うんですが。
毎回毎回「ただ二人が勝手に動いている」だけになってしまった所がネックだったんじゃないのかなあ、と

あと、益岡徹さんが斜めに立っているように見えて仕方が無いんですがどうしたらええんでしょうか。

拍手[0回]

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao