忍者ブログ
テレビを見て思った事。更新は不定期、かもしれない。 個人的なことですが、三十路になりました。 2010年7月11日は参議院議員選挙です。投票へ行きましょう!
  ★ お知らせ
現在FC2ブログさんからブラックリスト呼ばわりされてますorz なんでだ……orz
  ★ フリーエリア
  ★ カウンター


  ★ カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  ★ お天気情報
  ★ FX NEWS

-外国為替-
  ★ 最新コメント
[07/16 鳴海みぐJr.]
[05/14 カナピ~]
[05/14 カナピ~]
[12/08 かな]
[10/13 まりねこ]
  ★ 最新トラックバック
(01/03)
(01/01)
(12/30)
(12/29)
(12/29)
  ★ プロフィール
HN:
m_t_g
HP:
性別:
男性
自己紹介:
現在視聴中のドラマ
セレブと貧乏太郎、風のガーデン、陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~

現在視聴継続中のアニメ
ケロロ軍曹、ファイテンション☆テレビ、銀魂、ヒャッコ、黒執事、とらドラ!、ケメコデラックス
  ★ ブログ内検索
  ★ フリーエリア
  ★ バーコード
  ★ RSS
  ★ アクセス解析
★2017/03/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/11/07 (Fri)
放送禁止。
このシリーズ、あまり変なこと言えないのが困るんですよね……。
見てほしいんだけど、迂闊に薦めると面白さが半減するというこのダブルバインド。
以下、ネタバレあります。
未見の方は読まないでください。

……本当に大丈夫ですね?






よろしいですか?
そろそろ本文行きますよ。



さて。
今回の第6弾。
今までの2~5までとは明らかに異質な話なんです。
実は1が一番近いところにある話だと思います。
以下、その理由を積み重ねていこうと思います。

・取材班がその他の存在ではない、名前のある一人の「人物」
2~5は「取材班」だったんですが、「6」は古茂田俊作という一人の登場人物なんです。
「1」も取材陣は名前があり、物語の重要人物だったんです。
そういう意味では私たち視聴者と同じ目線の人物がいないんですよね。
あえて言うのなら、古茂田が持っていた「カメラ」ぐらいでしょうか。

・明らかに事件性がある
この物語の最後は古茂田が襲われて、失踪した……ところで終わっています。
そういう意味では明らかに警察沙汰、事件性があるんです。
2~5は偶然の事故、を装っていました。
それこそ事実だけを積み重ねても真実にはたどり着けないようになっていました。

「1」も取材陣が失踪、事件の当事者もほとんど失踪……という話になっています。
そういや「1」も「6」も当事者が行方不明になってるんですよね。

この二点を今回特に感じたんですよね。
映画なあ……近くでやらないんだよなあ。

しかし今回、やたらと「この番組はフィクションです」がテロップで出てきましたねえ
それだけこの番組が異質な物の証拠なんですかねえ。

しかしこの番組ってテレビの前提を否定してるんですよねえ。
「この番組のジャンルは○○である」という視聴者とテレビの暗黙の了解を壊してるんですよね。

……恐ろしい番組だ。

ちなみに私が一番好き……というより一番衝撃を受けた、所見の作品は「4・隣人トラブル」
夜中に見ていて本気で言葉を失ったもの




拍手[0回]

PR
[914] [906] [905] [904] [903] [902] [900] [891] [898] [901] [899]
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao