忍者ブログ
テレビを見て思った事。更新は不定期、かもしれない。 個人的なことですが、三十路になりました。 2010年7月11日は参議院議員選挙です。投票へ行きましょう!
  ★ お知らせ
現在FC2ブログさんからブラックリスト呼ばわりされてますorz なんでだ……orz
  ★ フリーエリア
  ★ カウンター


  ★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  ★ お天気情報
  ★ FX NEWS

-外国為替-
  ★ 最新コメント
[07/16 鳴海みぐJr.]
[05/14 カナピ~]
[05/14 カナピ~]
[12/08 かな]
[10/13 まりねこ]
  ★ 最新トラックバック
(01/03)
(01/01)
(12/30)
(12/29)
(12/29)
  ★ プロフィール
HN:
m_t_g
HP:
性別:
男性
自己紹介:
現在視聴中のドラマ
セレブと貧乏太郎、風のガーデン、陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~

現在視聴継続中のアニメ
ケロロ軍曹、ファイテンション☆テレビ、銀魂、ヒャッコ、黒執事、とらドラ!、ケメコデラックス
  ★ ブログ内検索
  ★ フリーエリア
  ★ バーコード
  ★ RSS
  ★ アクセス解析
★2017/04/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/06/15 (Fri)
前回、熊沢先生の告発によって状況が一変。
今回見ていて頭に浮かんだ単語が……「呪い」

いやだってさあ。
「明日香が見ている」って……ねえ。
一生死ぬまで、明日香のことが頭から離れないってのはけっこう重い十字架だよなあ
まあそれだけの事をしでかした、ってのは確かにそうですよ。
やっぱ怖いよなあ……。
それこそ今の珠子の行動原理は全てが「明日香」によるものだからなあ……。
この裁判が終った後、珠子の生きるための行動原理には何が残るんだろうか
事件から何年も経ってしまって、明日香のためにできる事が残っているんだろうか……。

で、今回最も多くの人が感動したであろうポイントが珠子が兼良に言った言葉。
「私達は同じ荷物を背負って彼女が生きるはずだった未来を歩き続けるの」という言葉。
これは確かに真実だと思うんですよ。
でもね。
例えばこの言葉が珠子からではなくて兼良から出た言葉だとしたら。
「藍沢さんが生きるはずだった未来を彼女の分までしっかりと生きていきたいです」……あれなんでだろう物凄く腹が立つんですけど(酷)
いくら明日香の分までしっかり生きたとしても……明日香のためには何にもならない、残った生徒達のことしか考えてないセリフでもあったりするんですよね……。


そして加地。
今回で彼が今まで頼ってきたものが無残に瓦解した回でしたね。
明日香が死んで、イジメがあったにせよ無かったにせよ、残った生徒達を守る……だからイジメは無かったと言い続けてきたのに
熊沢先生から告げられた真実。
そして珠子から告げられた真実。
加地は残った生徒の事すら守れてなかった……。
これは堪えるだろうけど……それで彼は辞表を出そうと……ってそれが「責任を取る」って事ですか?
「見捨てる」って事ですか?
まああそこまで行ったらどうにもならないから「見捨て」ても仕方が無いか~と嫌味を言ってみる
そして目の当たりにした兼良の真実。
加地、どうすんのー。
多分今加地にはできる事が何も無いんだろうなあ……。

しかし兼良ってけっこう幸運なポジションでもあるよなあ。
明日香やポーちゃんはイジメられている事を先生には気付いてもらえなかったけど、兼良の場合は最初から加地に知ってもらえてるんだもんね。
決して、明日香と同じ立場に立ったわけではない
……と思う。
しかしああいう状態になった兼良を見ても「ざまあみろ」と思わなかったのは何故だろう
それでも自己陶酔、悲劇の主人公として振舞っているのは確かなんだけど。
因果応報なんだけど……はて。
それにしても裁判。
あの証言って裁判に何か影響あるんですかね?
いじめたかもしれない証人(それも義務教育中の未成年)の言う事をそのまま信じるケースってそんなに無いと思うんだけど。
今回の瀬里の行動は何だったんでしょうね
まあ「兼良に厳しく詰め寄る珠子」の姿を裁判官に見せて心証有利に持っていこうとしたのかな?
ところがどっこい、珠子は何も聞かなかった……。
これ、意外と瀬里にとって予想外だったと思うんだけど。
まあそれ以上にマスコミの格好のネタでもありそうだけどね。
例えば珠子側が証人申請したのなら珠子を叩くだろうが今回は学校側だもんね
「学校を守る」とか言いながら生徒を法廷と言う場に晒したわけですからね……。
兼良は完全に「好奇の対象」でしかなくなったわけで。
そういや最初に出てきた言葉は「学校を守る」なんですよね、雨木の言ってる事は。
普通は「生徒を守る」が最初じゃないんだろうか……?

それにしてもポーちゃん、行動早っ!
完全に学校は見捨てられたんだなあ……。
しかし今裁判中の学校から転校してきた子か……うーん。
とにかくがんばれポーちゃん、それしか言えないか……。

で、雨木の息子。
はて、仁科さんと顔見知りなのか?
これで恋人とかだったらビックリだが……それは流石にないか、うん。
処刑?
これでもし本当に生徒の誰かが雨木息子によって傷つけられたとしたら。
どこが「生徒を守ってるんだ」となるわなあ
……。
前の学校で何があったのか……。
いじめられた事を母親に言っても何もしてくれなかった、とはちょっと考えづらいんだけど……。
イジメを認めない姿勢がこの雨木息子の過去に原因があるとしたら、当時は「いじめを認めた」んだろうか。
そうでなければ今「イジメを認めない」姿勢にはならないと思うんですよね。
もし当時、「イジメは無かった」という姿勢で最悪の結果を招いたとしたら……今の雨木はその反動だろうからねえ

雨木息子、彼にも希望はあるんでしょうか?
しかしラストのヘッドホン姿、SIREN2のKSDみたいに見えたんだけど(苦笑)

拍手[0回]

PR
[441] [444] [443] [440] [439] [438] [435] [442] [437] [436] [434]
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
わたしたちの教科書〜第10話・目的!
わたしたちの教科書ですが、熊沢教諭のいじめを認める証言で積木珠子(菅野美穂)有利になった気はします。瀬里(谷原章介)は雨木真澄副校長(風吹ジュン)に法廷戦術の変更を迫ります。いじめの存在を認めた上で、あれは事故で学校には予見可能性がなかったことを証明していく現実的なやり方ですが、雨木はあくまで学校にはいじめは皆無という初期方針を変更する気はないようです。(わたしたちの教科書、第10話感想、以下に続きます) わたしたちの教科書 携帯ストラップ \1,260
URL 2007/06/15(Fri)15:31:56
わたしたちの教科書 第10話 「少年の立つ法廷」
熊沢先生(佐藤二朗)の証言により、いじめが存在したとしても自殺ではなく事故だったと、いじめ以外のポイントに力点を置いて主張すれば勝算はあると話す直之(谷原章介)。しかし、あくまで学校にいじめは無かったと主張して欲しいとお願いする雨木(風吹ジュン)。
URL 2007/06/15(Fri)17:17:25
わたしたちの教科書 第10話 「少年の立つ法廷」
熊沢先生(佐藤二朗)の証言により、いじめが存在したとしても自殺ではなく事故だったと、いじめ以外のポイントに力点を置いて主張すれば勝算はあると話す直之(谷原章介)。しかし、あくまで学校にいじめは無かったと主張して欲しいとお願いする雨木(風吹ジュン)。
URL 2007/06/15(Fri)17:17:33
私もあなたと同じことをした。あなたが罪を背負って生きれば・・・私はそこにいる。(菅野美穂)
珠子(菅野)はそう言うのだが、兼良(冨浦智嗣)が許されることを許せない人々もいる
URL 2007/06/15(Fri)19:15:41
「わたしたちの教科書 第10話」ポー様の妄想
「あんた、まだ先生続けてたんだ・・・まだ続けてたんだ・・・向いてないのによく頑張ったってね」
URL 2007/06/15(Fri)20:23:48
わたしたちの教科書 第10話:少年の立つ法廷
いよいよ雨木の登場だ〜W(=0=)W ガオォー!! この期に及んで、まだイジメは無かったと言い張るつもりなんだろうか{/eq_1/} 僕が処刑する。悪いイジメっ子は僕が処刑する。 雨木の息子が同級生を刺す前日に言ってたらしい言葉。 これがきっかけで、雨木はイジメを見て見ぬフリをするようになったのだとしても な〜んかおかしいんでない? つか、やたら学校の周りをウロウロしてる雨木の息子が怖いんすけど・・・{/ase/} また、イジメっ子を処刑しようと様子を伺ってるんだろうか? そして、何やら音也を知って...
URL 2007/06/15(Fri)21:02:35
『わたしたちの教科書』 第10話 「少年の立つ法廷」メモ
最初から言いつづけてますが、最後はどこに向かうんでしょう?
URL 2007/06/16(Sat)00:48:03
《わたしたちの教科書》◇#10
砦が一つ崩れたに過ぎません。戦い方を変えましょう。仮にいじめが存在したとしても、自殺ではなく、事故だった。あるいは仮に自殺だったにしても、その予見の可能性が無かったという形で、いじめ以外のポイントに力点を置いて主張すれば、勝算は、十二分に。
URL 2007/06/16(Sat)01:25:01
わたしたちの教科書 第10話
兼良が!! 法廷で珠子さんにボコボコにされるのかと思っていたのですが、見事に予想が外れました。 冷静に考えたら珠子さんともあろう人が、法廷で子供と戦うわけないかw いじめる側からいじめられる側に転落した兼良。 ポー様が転校してターゲット不在な状態でしたから、絶好のカモだったんでしょうね。 子供って本当に残酷('A`) 因果応報とはまさにこのことですが、いじめを行っていたのは一から十まで彼の責任というわけではなく、正義を説きながら援助交際をする父親や、息子の無実を証明するために息子に嘘...
URL 2007/06/16(Sat)06:33:29
「わたしたちの教科書」第10話 評価3.0(5段階)
いよいよ終盤に来て、今まで発散気味の挿話をつなげに来た感じですが、予想外というような驚きはなく、予定調和に向かっているような感じがします。 論点となっているのは、イジメに対し、顔をそむけ、手を引くことが当人たちのためであり、守ることになるのか。それとも...
URL 2007/06/16(Sat)16:41:17
わたしたちの教科書 #10
ポーちゃん、別れの言葉、カッコいいよ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ドラマもクライマックスに近づいてますねぇ・・・。第2部は展開速いわ(;´Д`)。 しかし、珠子さんも明日香の事が随分堪えていたようで、ポーちゃんはもちろんのこと、カネヨシですら気遣うなんて・・・。 証言台に立たせて嘘をつかせた瀬里と
URL 2007/06/16(Sat)18:09:08
鈴木かすみさんの似顔絵。「わたしたちの教科書」第10話
●「わたしたちの教科書」第10話「少年の立つ法廷」 「悪いいじめっ子は、僕が処刑する。」 雨木真澄(風吹ジュン)が、私立の翔嘉学園中学校で教鞭をとっていた時、 同校に在籍していた長男・音也(五十嵐隼士)が、刺傷(?)事件を 起こしたという過去。 これと来週の予告を考え合わせると、音也は、いじめを実力行使で排除しよう とする人間に思えます。 でも、母親と同じ学校という点がちょっと引っ掛かる。 もしかしたら音也は、いじめに対して動いてくれない教師、そして母親に 業を煮やして、自ら行動に移したのかもしれませ...
URL 2007/06/17(Sun)19:11:40
わたしたちの教科書 ~期待外れすぎて悲しすぎる~
期待だけ煽っていながら、なんだこりゃ・・・ 「まだ先生続けていたんだ・・・ 向いていないのに、よくがんばった・・・ってね。」 というポーの加地への言葉 と 珠子が兼良を尋問をしなかった場面 は良かったのだが・・・ 音也はいったい何者なんだろうという気が全く起こ..
URL 2007/06/17(Sun)19:42:13
キモ声兼良に鉄槌が!(わたしたちの教科書#9)
この1週間で映画の舞台挨拶が3本、ライブも3本、それにドラマもある訳だから、キャパを完璧超えてます(爆)『わたしたちの教科書』「感動した!」って小泉かよ〜大倉ちゃん(爆)明日香に告白されただぁ?嫌がらせされただぁ?いじめをするのは最低の人間だぁ?悪の枢軸....
URL 2007/06/18(Mon)20:04:53
わたしたちの教科書(第10話)
「いじめは無かったという方針を、変えないで下さい。 生徒達を守りたいだけなんです。」 ・・・? いじめを認めないことが、 果たして生徒達を守ることになるのでしょうか・・・? 副校長の発言には、疑問符だらけです。。 何が、彼女をそうさせるのか・・・。 一方、兼..
URL 2007/06/18(Mon)20:44:54
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao